ダイエットQ&A

「ダイエット」に関するよくある質問をまとめてみました。

Q.
いろいろなダイエットに、つい手を出したくなるのですが、どんな注意が必要ですか?
A.
何々だけで痩せる、という文句があればまず駄目です。
食事制限や運動、食行動を改めるなど、太りにくいライフスタイルをつくらなければ、ダイエットは成功しません。
利尿剤や、下剤では一時的にダイエットに成功しても、健康を害しては何もなりません。

 

Q.
40代の主婦です。10kg減量して20代の頃の体重に戻したいのですが、どうでしょうか?
A.
20代前半の体重はひとつの目安となりますが、これ以上はいけません。
よくモデルなどの細さをうらやむ人がいますが、健康の観点からは明らかに痩せすぎで、問題がある場合が少なくありません。
おまけに無理な減量は肌のツヤを失わせ、老化を招きます。細ければいいというものではありません。

 

Q.
太らないため朝食を抜いています。でも、2食のほうが3食より太ると聞きました。本当ですが?
A.
同量のカロリーをとった場合、1日の食事回数が少ないものほど太るという研究もあります。
人間のからだはエネルギー補給の間隔があくと、次の補給までからだを保たせるために、エネルギーを蓄えようとするのです。
おまけに1日の食事回数が少ない人のほうが、単に肥満だけでなく、コレストロール値が高かったり、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)にかかる確率が高くなっています。
食事回数は多いほどいいといいますが、そう回数も食べてはいられません。せめて1日3回のラインは守ったほうがいいでしょう。