肥満ダイエット|薬物療法で太りにくいライフスタイル

肥満ダイエット|薬物療法で太りにくいライフスタイルを築きましょう。

肥満ダイエット|薬物療法で太りにくいライフスタイル画像肥満ダイエットの基本はあくまでも食事療法運動療法です。

 

しかし、その実行はかなり大変です。そこで、食事療法や運動療法で満足な結果が得られない場合、補助的に薬物が用いられることがあります。

 

現在使われているのは、食欲中枢の抑制と満腹中枢の刺激を行うことで食欲を抑制させる薬や、腸管からの糖質の吸収を抑制する薬、ストレス過多や自律神経異常による肥満症の人に用いられる自律神経調整剤などがあります。

 

薬物でダイエットに挑戦する方は服用に慎重に行わなければ副作用に悩まされる事も多々あります。2002年7月に、中国製のダイエット健康食品と称した薬物による健康被害のケースが続々と明るみにでました。この薬には「N-ニトロソフェンフルラミン」という食欲抑制剤や甲状腺ホルモンが含まれており、それらを服用した方々は、肝機能障害や甲状腺機能障害を引き起こすという事件がありました。薬には副作用が付き物です。今はインターネットで色々な情報が手に入ります。薬物ダイエットには成分に特に気をつけ乱用には注意しましょう。

 

当サイトで紹介しているダイエットサプリメントは、医薬品ではありませんので副作用なしでダイエットすることができますが、普段運動してない人なら適度な運動をするだけで、健康的に比較的簡単に痩せることが可能なのでサプリメントに頼って痩せようとする前に、まずは運動療法から始めましょう。

 

サプリメントによるダイエットは、運動食事制限がどうしても苦手な方だけにオススメします。