減量治療が必要な生活習慣病(成人病)としての肥満症となります。

減量治療の必要な肥満とは?

減量治療の必要な肥満とは?

国民栄養調査によれば、1960年代以降の日本人のエネルギー摂取量は横ばいというより、減少傾向を示しています。
しかし、それはあくまで全体としてのデータで、全世帯のうちおよそ4分の1の家庭が1日に必要なエネルギー所要量を20%以上も上回っています。

 

エネルギー摂取の内訳では、糖質の摂取量は年々減っていますが、脂肪の摂取量は増え続けており、成人の3分の1が1日の所要量を超えて摂取しています。
こうしたことは、肥満判定基準のBMIを調べた調査でも、はっきりと反映されています。

 

それによるとわが国では、肥満と判定されるBMIが26以上の肥満者の占める割合は、男性が11.9%女性が12.3%となっています。実に男性の8人に1人、女性の6人に1人が肥満者であるというわけです。

 

では、「肥満」とは、どういうことを意味しているのでしょう。
通常、肥満とは体重の増えた状態をいいますが、厳密には脂肪組織の量の増大を指します。
したがってレスラーなどスポーツマンで筋肉が増加したため体重が増えていても、肥満とはいわずに過体重といいます。

 

いずれにせよ、肥満は脂肪が過度につきすぎた状態をいいます。
たとえ健康上、何も問題がなくてもBMIが30以上なら、肥満症として治療をすべきです。

 

そのまま放置すれば将来、健康障害が起こりやすいことがわかっているからです。
BMIで肥満と判定され、すでに高血圧、糖尿病、関節障害などの病気が併発していれば、減量治療が必要な生活習慣病(成人病)としての肥満症となります。

 

外科療法

あらゆる手段を使っても高度の肥満を是正することができない場合には、最後の手段として外科療法がとられます。
この場合、肥満度が200%(BMI44)を超える人や合併症が重い人などが対象となります。食物が胃に入る容量を少なくする胃縮小手術が行われます。

 

 

ダイエット願望が強い人は、脂肪・体重を過敏に気にする傾向があります。しかし、体重だけで太りすぎや、やせすぎを判定するには限界があります。
肥満の判定には、あくまでも体脂肪の量が問題となってきます。最近では家庭で測定できる体脂肪計も出回っていますので、利用するのもよいでしょう。

★大爆発セール★【オムロン体脂肪計HBF-306-A 】5250円以上送料無料、ポイント(お取り寄せ品、返品キャンセル不可)

6119円

4大特典【送料+お米+保証+即納】 HBF-354IT 体脂肪計 PCコントロル オムロンパソコンにつなげられるパソコンで体のデータ管理可能!OMRON体重体組成計カラダスキャンヘルスカウンター(歩数計)付レビュー記入でお米付【smtb-s】

17640円

体重計 体脂肪計 ヘルスメーター メタボリックやダイエット対策に!コンパクト ミニ体脂肪計付体重計 【パールホワイト】[体重計][体脂肪計][ヘルスメーター][デジタル ヘルスメーター][同梱]【2】

2100円

 

 

減量治療の必要な肥満とは?関連ページ

原発性肥満(単純性肥満)
過食によるエネルギーのとりすぎや運動不足によって起こる肥満です。肥満の90%以上を占めます。
二次性肥満(症候性肥満)
病気があって、そのために起こる肥満を二次性肥満(症候性肥満)といいます。
肥満症の問題点
肥満症が何よりも怖いのは、合併症をもたらしやすいという点です。
子供の肥満原因
子供の肥満となる原因は生活習慣から・・・肥満児になりやすい生活習慣の例を上げています。