肥満の原因

肥満はその原因によって、二つに大別できます。

肥満の原因記事一覧

原発性肥満(単純性肥満)

過食によるエネルギーのとりすぎや運動不足によって起こる肥満です。肥満の90%以上を占めます。過食になる理由にはいろいろあります。食物が吸収されて血糖や脂肪が増えると、ホルモン様物質が増加し、満腹感も覚えます。ところがこのホルモン様物質の増え方が少なかったり、満腹中枢が増えたのを感知できなかったりする...

≫続きを読む

二次性肥満(症候性肥満)

病気があって、そのために起こる肥満を二次性肥満(症候性肥満)といいます。基礎疾患によって、肥満と同時にさまざまな症状が出ます。視床下部性肥満ものを食べたいという欲求をつかさどる摂食中枢、おなかがいっぱいだという指令を出す満腹中枢はいずれも脳の視床下部にありますが、ここが腫瘍や外傷などによって圧迫され...

≫続きを読む

肥満症の問題点

肥満症が何よりも怖いのは、合併症をもたらしやすいという点です。標準体重の人と比較してみると、肥満と判定された人の疾患別の発生率は、変形性膝関節症などの関節障害が1.5倍、心臓血管障害が2倍、高尿酸血症・痛風が2.5倍、胆石と不妊症が3倍、高血圧が3.5倍、糖尿病が5倍といわれています。また、以前は肥...

≫続きを読む

子供の肥満原因

肥満児が増えており、その割合は12歳で10%といわれています。子供の肥満が増えている理由として、スナック菓子などの間食が増えていることなどもありますが、次のような誤った摂食行動が目立つのも確かです。子供の肥満の多くはカロリーの摂りすぎが原因です。子供の肥満原因となる4つの生活習慣子供をおとなしくさせ...

≫続きを読む

減量治療の必要な肥満とは?

国民栄養調査によれば、1960年代以降の日本人のエネルギー摂取量は横ばいというより、減少傾向を示しています。しかし、それはあくまで全体としてのデータで、全世帯のうちおよそ4分の1の家庭が1日に必要なエネルギー所要量を20%以上も上回っています。エネルギー摂取の内訳では、糖質の摂取量は年々減っています...

≫続きを読む